他との違いとは

調子がいい

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いはどこにあるのでしょうか。 シリコンシャンプーは、一般的に洗浄力が強い為に頭皮にダメージを与えやすくなってしまいます。 そのダメージを目立たなくさせる為に、シリコンでコーティングしているのがシリコンシャンプーです。 髪自体の汚れは、ブラッシングをしてお湯で流せばほとんど落ちます。 シャンプーの目的は、頭皮や毛穴に詰まった皮脂汚れを落とすことですが、洗いすぎは肌を傷めてしまいます。 現代は、洗いすぎによりトラブルを抱えている人が大勢います。 ノンシリコンシャンプーはシリコンシャンプーに比べて洗浄力が弱めで、肌に刺激を与えたりダメージを与えたりする成分が含まれていないものが多いです。 同じように洗うのであれば、ノンシリコンシャンプーの方が肌へのダメージが少なくて済むのでおすすめです。

ノンシリコンシャンプーを使う場合、どのような成分が使われているかをチェックすることをおすすめします。 ノンシリコンシャンプーに、カオチン界面活性剤が使われている場合がありますが、このカオチン界面活性剤は強い洗浄力を持ち、肌に刺激を与える成分です。 ノンシリコンシャンプーの本来的意味、肌に優しいということを追究するのであれば、この成分が含まれないものを選ぶことがおすすめです。 また、ノンシリコンシャンプーを使う時は、他のヘアケア製品もノンシリコンのものを使うことをおすすめします。 シャンプーだけノンシリコンで、他のヘアケア製品がシリコン入りの場合、シリコンが付着した部分は汚れがつきやすくなります。 ノンシリコンシャンプーは洗浄力が弱めなので、シリコン入りのものと併用すると汚れを落としきれない危険性があります。 シャンプーをノンシリコンにするなら、他のケア製品もセットでノンシリコンを用いた方が、本来求める効果が期待出来るでしょう。